« 山田純嗣個展 絵画をめぐって —影のないー | メイン

齋藤眞紀展 ~Terra dos Sonhos(夢の国)~

居心地のいい展覧会

会場風景岩崎ミュージアム(横浜市中区)で開催中の齋藤眞紀さんの展覧会を訪れた。港の見える丘公園の隣にあり、元町中華街駅からアメリカ山公園口までエレベーターで昇ると徒歩3分程度。初めて訪れる場所はワクワクする。

自然光の入る明るい展示室にはバラエティに富んだ作品が並んでいた。もともと齋藤さんは立体作品を手掛けていた経緯もあり、以前は抽象絵画も描いていた。しかし近年拝見していたのは風景画だったので、とても新鮮な気がした。 

大作黒を基調にした大胆なストロークの絵画は大作ということもありかなりのインパクト。一見抽象的に描かれているけれど、タイトルはポルトガルの地名。つまり風景画なのだ。展示室の中ほどにはより抽象的な水彩画。カラフルでのびやかな描写は、感情のままを現したかのような印象を受けた。いずれも、齋藤さんがこれまで何度も訪れたポルトガルの記憶をもとに表出したイメージなのだ。今年のスケッチ旅行で訪れたスイスやイタリアの風景の小品は奥の壁面に展示されていた。

奥の壁「抽象でも絵として成立することが実感できた」と齋藤さん。様々な技法を用いるのは、作りたいものを作るという率直な気持ちから。

会場に入った時から気になっていたのが、展示室を二分する位置にぶら下がった多数のハンガー。白と黒のハンガーが規則的に組み合わされ2つの山を作っていた。思わずこれも作品?と聞いてしまったが答えはイエスだった。厚手のアルシュ紙を使ったランプシェードも同様に作品。 

ハンガー&灯アコーデオン状の間仕切り(これは作品ではない)を多数用いて、多ジャンルの作品を美しく配置した空間は、全体でひとつの作品になっていた。まるでリビングルームのような居心地の良さで、なんだか楽しくなってきた。

 

齋藤眞紀展 ~Terra dos Sonhos(夢の国)~
岩崎ミュージアム・ギャラリー
2018年8月8日(水)〜8月26日(日)月曜休館
9:40〜17:30(最終日〜17:00)入館料:大人300円、小中学生100円
TEL 045-623-2111
神奈川県横浜市中区山手町254

words:斉藤博美

2018-08-26 at 02:47 午後 in 展覧会レポート | Permalink

コメント

コメントを投稿