« アメリカン・フォーク・アート美術館「The Great Cover-up: American Rugs on Beds, Tables, and Floors」 | メイン | 鈴木理策:熊野、雪、桜 »

ライターの近日遊覧予定【9/16〜】

大いなる時を超えて
MIHOミュージアム(滋賀)
2007年9月1日(土)~12月16日(日)
プレスプレビューでは駆け足のように会場を歩くことになり、改めて丸一日かけて訪問しなくてはと思った。古代の地図を旅するように、ギリシャやエジプト、西中央アジアなどさまざまな土地の文明的遺産を見ることができる南館と、日本美術を中心にした北館。選りすぐりのコレクションひとつひとつの美しさにただただ魅了される。(酒井)

ATTITUDE 2007
熊本市現代美術館
2007年 7月21日(土)〜10月14日(日)
荒木経惟、やなぎみわといった現代美術のメインストリームをいまや歩むアーティストたちといっしょに、物故者の埴谷雄高、土方巽といった面々の名もある。そして、山田新一の名前を見てちょっと驚いた。人が人として生きることについて、この展覧会を観ながら考えてみたい。(原)

メルティング・ポイント
東京オペラシティアートギャラリー
2007年7月21日(土)~10月14日(日)
ジム・ランビー、渋谷清道、エルネスト・ネトによる、空間を変容させるインスタレーションが展示中。「メルティング・ポイント=固体が融解し液化する温度」のように異質のものが同時に存在するイメージを有する3者の作品に期待。(斉藤)

中山雄一朗
トムはジェリーを殺せない
GALLERY OBJECTIVE CORRELATIVE
2007年9月21日(金)~10月8日(月)
近畿大学の東京サテライトキャンバスである四谷アート・ステュディウムによるコンペ「マエストロ・グワント」の本年度大賞受賞者による個展で、本展で2度目となる。いまだ可塑性を可能性として保持している粘土の塊が木材と結節し、その可塑性をとりあえずは留保しながら存在しているかのような彫刻。(沢山)

仙厓・センガイ・SENGAI-禅画にあそぶ-
出光美術館
2007年9月1(土)~10月28日(日)
見ているほうの身体の筋肉がゆるみそうなくらい、柔らかくて力の抜けた線と、おかしな動物たち人々の描写を、リニューアルしたての出光美術館でじっくり見たい(水田)

2007-09-16 at 04:33 午後 in 近日遊覧予定 | Permalink

コメント

コメントを投稿